Songs Without Words

  • Benoît Camus – Chap.02

    昨年と全く違うだろ。毎年同じようなものを作るのもつまんなくてね。みんなあれが好き!もうないのか!?もう作らないのか?とか聞かれるけど。

  • Jacques Perritaz – Chap.02

    最近はこの地域でもエコロジーの意識が高まってきていて、そんな中で近所レストランからのリクエストで僕のシードルをKEYKEGに詰め始めたんだ。

  • Jean Dreyfuss – Chap.02

    今朝スキーから早めに帰って来たんだ。約束の時間に遅れたら大変だろ。

  • Les Bois Perdus – Chap.01

    いつかここに来たらわかるよ。都会の喧騒から遠く離れた山の中、あらゆるものから孤立した静寂な森に迷い込んだような感覚になる場所だよ。

  • Xavier Marchais – Chap.02

    自然を尊重した栽培っていうのは、人ができることは少ないんだ。大きな理に従うだけさ。だから醸造では、色々と遊んでみたくなるんだ。

  • Xavier Marchais – Chap.01

    パリでのコンピューターエンジニアの仕事は、興味深い仕事ではあったけど、意味は見い出せなかった。

  • Jean Dreyfuss – Chap.01

    多くの命が失われた第二次世界大戦の直後に、祖父母が植樹した畑。その畑を守るために、アルザスと家族の歴史を背負った新世代があらたに挑戦した自然派ワイン造り。

  • Jacques Perritaz – Chap.01

    ジャック ペリタズの人生を変えた樹を再生させた楽園のような果樹園。彼の想いが込められた宝石のようなシードルたち。

  • Benoît Camus – Chap.01

    be a good friendとして初めてご紹介するワイン。自然と音楽とバイクをこよなく愛するブノワ カミュが手掛けた即興演奏のような生きたワインたち。